「空の革命児、逆風に立ち向かう~ドローンパイロット・請川博一」
「空の産業革命」といわれる無人航空機「ドローン」。 その機体を手足のごとく操り、革新的な映像で空撮業界に名を轟かせる男がいる。
北海道・旭川市に拠点を置くドローンパイロット・請川博一(うけがわ・ひろいち)55歳だ。
刻一刻と変わり続ける自然条件の中で、請川は最高の瞬間を確実に捉え続け、数々のCMやテレビ番組の撮影現場で活躍してきた。
安全確実をモットーとする請川の空撮は、短時間かつ短距離飛行で最高のクオリティーの映像を撮り収める。
それを成せるのは徹底した準備のたまものだ。
仕事本番前には時間の限りテストフライトに明け暮れ、撮影現場には何度も下見に足を運び、想定されるリスクを徹底的に洗い出す。
本番でどんなトラブルが発生しようとも、あらゆる対策を準備しているからこそ撮影に神経を注ぐことができるという。
この冬、請川に自動車映像のプロ集団からタイヤのプロモーション撮影の依頼が舞い込んだ。
時速40キロで走るタイヤを接近かつ低空飛行のドローンでピッタリとらえ、急上昇させて雪原の広い風景につなげるという「究極のワンカット」。
30年のキャリアを持つ請川も耳にしたことがない空撮だ。新たな映像表現に挑戦する請川の現場に密着。
〒078-8234 北海道 旭川市 豊岡4条6丁目13-3
TEL : 050-3391-6134
info@raveproject.jp
© Rave Project All Right Reserved